ご注文はこちらから ご注文お申込フォーム
D-strageとは
カメラ・レンズの保管方法 防湿庫の必要性
FAX注文はこちらから
サポート&アフターサービス
IDEX Direct(アイデックスダイレクト)オンラインショップ
梅雨、夏のジメジメ 知っておきたい カメラ・レンズのカビ対策

トップ > カメラ・レンズの保管方法 防湿保管庫の必要性

カメラ・レンズの保管方法 防湿保管庫の必要性

カメラを手にした時から必要な正しい保管方法

押し入れや戸棚、引き出しの中に収納していませんか? 風通しの良い場所だからと言って安心していませんか? 自然放置は危険です

カメラやレンズは『湿気』にとても弱く、しっかり保管しておかないと、カビの発生で大変なことに・・・

特に梅雨や夏はジメジメとした『湿気』に注意が必要です。(冬の結露にも要注意)
さらに、レンズ内に『ホコリ』が混入することで、撮影の際の写り込み原因にもなります。

湿度の高い場所にカメラレンズを放置すると… カビが発生
カビを除去するためには高い修理費用が発生します

最低でもレンズ1本につき10,000円
高価なレンズや希少なレンズは30,000円以上かかることも…
また、一度カビが発生すると、カビ菌を完全に取り除くことができないため、生え易くなります。

line

一般的に、カメラやレンズを保管するのに適した湿度は30~50%と言われております。
湿度が60%を超えると、カビの発生率がぐーんと高まりとても危険です。また、逆に30%以下になると樹脂やゴム、オイルなどの劣化やレンズのコーティングにも影響します。
せっかく買った高級レンズがカビだらけ・・・、なんてことにならないように、しっかりと正しい保管することで、大切なカメラ・レンズを『ホコリの混入』や『カビの発生』から守りましょう!

カメラなどの光学機器を湿気から守り保管するための必須アイテム

簡易ドライボックス

簡易ドライボックスプラスチック製などのケース(蓋にゴムパッキンなどが付いている密閉度の高い物)に乾燥剤を入れて『カビ』や『ホコリ』の混入を防ぎます。

メリット

・リーズナブルな価格(カメラ本体及びレンズの本数が1~2本と少ない方向け)

デメリット

・乾燥剤の交換が面倒
乾燥剤の交換を忘れてしまい、気が付いた時には、乾燥効果も無く『カビ』が・・・なんてことも。
・湿度のコントロールが困難
乾燥剤を入れた際に湿度が下がりすぎたり、逆に乾燥剤の効果が無くなると湿度が上昇してしまうため、 湿度が安定しない。これにより正しい乾燥効果が得られない事があります。

防湿保管庫D-strage オススメ

防湿保管庫湿度を機械的にコントロールすることで『カビ』から守ったり、湿気による変質を防ぐための保管用キャビネット。
高い気密性で『ホコリ』の混入も防ぎます。

デメリット

・簡易ドライボックスと比べ初期費用が高い

メリット

・定期的な乾燥剤(消耗品)の交換が不要
・家庭用コンセントに通電するだけで、保管に適した湿度に自動調整(省エネ設計で電気代も安心)
・いつも安定した効果的な湿度管理を実現(最適な湿度で除湿をストップ)
・キャビネットの収納で整理整頓ができ管理も簡単(出し入れも容易でホコリ防止にも)
・ディスプレーとして楽しめてお部屋を演出

このページの先頭へ